2006年08月26日

初のマンパ模試

明日(今日)は、赤城颪にとって1年ぶりの公開模試。

それも3年目にして初のマンパ模試。

とにかく肩肘はらず、
「与件を基にしたシンプルな答案」
「80分のタイムマネージメントの検証」

をテーマにがんばってきます。

TACのMコーチが再三おっしゃる、
さび付いたドライバーを振り回すことなく(妄想・暴走せずに)
事例T〜Vはアイアンで刻み、大崩れせず、
得意の事例Wも確実にバーディーねらいでいきます。

昨年の本試験以来の1日4事例なのでもう寝まーす。。。

posted by 赤城颪 at 02:11| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

模試シーズンの到来

今日のMMC模試を皮切りに
いよいよ模試シーズンの始まりですね。

どこの模試を受けるのか、いくつ受けるのか、
そもそも受ける意味はあるのか などなど受験生の間で
毎年話題にのぼるんですよね。

赤城颪は今年は過去2年で受けたことのない中で
マンパ(8/26)とLEC(9/3)を選んで申込みました。

後はホームのTAC(9/2)を入れて計3つにしました。

今年は過去問徹底主義の赤城颪ですが、

●ある程度の緊張感の中での1日4事例の感覚、
●アウェーの模試を受けることでの問題対応力の強化
(ホームの事例は自然とそこのパターンがわかってしまい、
 本当に力(特に考える力)がついたのかは微妙な所もあるので)
●過去問解答集で与件からの思考力を重視している所

などなどを考えて上記2つにしました。

模試や学校に対する見解は人それぞれだと思いますが、
参考までに赤城颪が受けた過去2年の感想をのせておきます。

@TBC   試験委員対策を意識しているので若干知識がないと
      対応しずらい(組織と生産)
      →復習時には試験委員対策として参考になる
      解説DVDがもらえるので復習時に役立つ

AMMC   問題自体は生産がややオペレーション重視、
      財務はけっこう難しい論点をだす
      アドバイス付添削答案返却は他の学校の受験者にも
      本当に親身になってアドバイスをくれる
      採点の許容範囲(書き方の違い等)が広い

BD&H   与件からの思考やキーワード活用を重視
      思考重視のため若干1つ1つの解答要求記述量が若干多い
      添削の返却時間は大手とかわらないが、添削内容は充実
      している

CAAS   今年は模試はないようですが(合宿に集中)、
      昨年までは翌日返却&解説のクイック性が最大の差別化要因
→記憶に残っている間に十分な復習が可能
      問題は過去問のつくりを意識したものになっている
      内容以上に書き方(読みやすさ)を重視した採点傾向

あくまでも個人的見解(感想)ですのでご注意ください。

どこの学校の模試であれ、成績よりもその後の復習で
どれだけ「気付き」を得られるかが大事だと思います。

来週からの模試に向けて
今日はTACの事例直前演習VWを受けにいってきまーす。

がんばれ!赤城颪!
がんばろう!受験生のみんな!!

posted by 赤城颪 at 06:20| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

DVDフォロー

今日は会社帰りにTACに行って
7月に欠席した4回分のDVDフォロー第1弾を
受けてきました!

応用講義の3回目で
生産事例演習の復習講義でした。

仕事の後で
さらに生授業じゃないのであまり集中できなかった
けど、生産事例への心構えや過去問を利用しての
生産プロセスの確認方法など参考になりました。。

明日は連チャンで
完成演習の3回目(生産)のフォローを行います。


posted by 赤城颪 at 00:10| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

事例の解き方を変更中

今日は、1ヶ月ぶりにTACに行ってきましたー!

直前演習の1回目と2回目で
組織とマーケの80分演習と解説でした。

2次再挑戦権を獲得したことで
今までより緊張感を持って事例に取り組み、
Mコーチの解説も集中して聞いていました。

さて
過去2年の2次敗退から
今までと同じやり方に固執しないで
良いと思ったものは色々試してみようと思っています。

今回試してみたのは、
事例の読み方とマーカーの引き方です。

昨年は1回目の読みから精読し、SWOTで4色(青、赤、緑、オレンジ)、
社長の考え等は黄色、の5色を駆使して、与件の内容を把握しようと
していました。(1年目は3色でしたが、基本は同じでした)
そして2回目は読み飛ばしもれの確認でざっと読んでいました。

今年はMコーチの講義で
「1回目からマーカーでハイライトすると他をチェックしなくなる」
「ハイライトは他を埋没させてしまう危険がある」
「最初から細かい部分にこだわると全体の流れがつかめない」
(いわゆる「木を見て森を見ず」の状態です)
「設問と関係ない部分までマーカーしても時間の無駄」等々、

赤城颪に身に覚えのあることを度々聞かされていました。

そんな時、1年目の学校で2次の看板講師であった方が書かれた
事例解法の本(今年の改訂版)を本屋で見つけ、前半の解法部分を
読んでいたら、

「設問毎に色を決め、与件で根拠となる部分にマーカーする」方法を
薦めていました。

赤城颪にとっては、まさに目からうろこの状態で
1次を再突破できたら、すぐに試してみようと思いました。

そこで今日の演習から
1回目の読みは線は極力引かないで段落ごとの要点把握に絞ったざっと読み

2回目は設問の根拠となりそうな部分(可能性のある所は全て)を設問毎の
色マーカーでチェック

の方法を試してみました。

今回は初めてのトライだったので多少スムーズさに欠けるところも
ありましたが、80分の使い方や解答の中味はブランクのわりには
まずますうまく対応できていました。

しばらくこの方法でやってみようと思います。

今年は背水の陣で自分を追い詰めていた昨年より
気持ちに余裕があって、事例も楽しんで取り組めています。

一時、事例を見るのも嫌だったのに・・・
なんか不思議な感じです。








posted by 赤城颪 at 23:03| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去問と友達になる

過去2年の2次敗退から

今年は
「過去問と友達になる」をモットーに
単に解いて解説を読んで終わるのではなく、
様々な方法を用いて徹底的に仲良くなろうと思っています。

本試験独特のあいまいさの残る奥深い問題にどう対応していくか、
残り70日、最後の最後まで考え悩み、格闘し続けていきます。

赤城颪が今年参加しているネット勉強会にも
今までほとんど参加できていなかったので早速今週から参戦
しました。

題材も過去問に絞って展開されているので
他の人に自分の解答をみてもらうこと、他人の解答を添削する
ことで客観的な視野を広げ、何度も何度も熟考して解答の
ブラッシュアップを図っていこうと思っています。

「過去問と 親友になれたら 合格だ」赤城颪

がんばるぞー!!

posted by 赤城颪 at 01:36| 群馬 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

2次再挑戦権獲得

2年振り2回目の1次試験、
無事突破できたようです。

診断協会採点
経済  68
財務  92
企業  78
運営  70
法務  73
情報  68
中小  72
合計  521

昨年背水の陣で望んだ2次試験に敗れ、
一度は撤退も考えましたが、受験仲間の合格を悔しさの糧に
士気低下に苦しみながらもなんとかスタートラインまで
戻ってこれました。

3度目の2次試験に向けて
10ヶ月振りに事例対策を本格始動します!!

モチベーションも急上昇中なので
10/22までの75日、少し気持ちに余裕を持ちながら
がんばるぞー!!

赤城颪の逆襲開始!!




posted by 赤城颪 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。