2006年10月30日

再現答案(事例4)

赤城颪の再現答案、最終の財務事例です!

土曜日のLECセミナーで
再現答案添削のリサーチ結果では
H17 平均点60 合格者75点(80点以上も続出)程度であり、

今年の予想としては(ざっくり予想)
計算は昨年より簡単なものの、記述の書き方で意外と差がつき、
平均点60 合格者70〜80点が多いのではとのことでした。

非常にハイレベルな状況ですが、財務はなんとか70点以上を確保しておく
ことが合格確率を高める一つの要因になるようです。。。

では、最後の再現答案を公表します!

【本番中の80分タイムマネージメント】
とにかくケアレスミス(単位見落としや単純な計算ミス等)での
失点だけは防ぎ、60点以上は確保しようと思っていました。

第1問の経営分析は、3つ中2つ合えばいいと割り切って、与件から
言える範囲に絞りました。
「問題点とその原因」という今までとは違った聞き方だったので
文章内容でその違いを示す自信がなかったので安全策をとって、
「問題点は〜。原因は〜」と書き方を統一し、原因も1つで言い切る
のはこわかったので重なることを承知で3つとも2つずつ挙げました。

第2問のCFは2回やっても合計でマイナス1にならず、財務CFから
逆計算しましたが、どうしても合わなかったのでここでこの問題は
部分点ねらいでいいと割り切って、過去の傾向で後半の問題はじっくり
やれば得点を取れると思っていたので第3問に移りました。

第3、4問はセット問題ととらえ、ここは絶対に落とせないと判断して
計算ミスがないように電卓は全て3回たたいて検算を徹底的に行いました。

第5問は最初に全設問をさらっと見た段階で
「おー、平成14年度とまったく同じじゃないかー」と思い、
改善策を問われなかった第1問の改善策がこの問題だと判断し、
自分の挙げた指標が改善されることがわかるように
最後の締めのキーワードにこだわって書きました。

最後、15分近くあまったので
まずは第1、第3、第4問の計算を全て2回検算し、計算ミスがないこと
と単位ミスがないかを再確認しました。
後5分で一度部分点ねらいに切り換えた第2問のCFに再度取り組み、
BS下のフォントを小さくした脚注があやしいことに気付きましたが、
出題者のややいじわるなわなの内容がわからずに後2分を切ってしまった
ので、ここを落としても7割は確保できると思って、誤字脱字のチェックを
して終了となりました。

結果としては、後半で得点を稼げたので各学校の解答例を見るかぎり
7割はなんとか確保できたのではないかと推察しています。
第2問を正解できた方で後半もしっかりと取れた方は80〜90点はいくような
事例だったのではないでしょうか?

【再現答案4】

第1問(配点30点)
@(a)売上高対販売費・一般管理費比率
(b)28.29%
(c)
問題点は、販管費の増加による利益圧迫であ
る。原因は、@社長の雇用決定による人件費、
A仕入不備による廃棄損、が増加したため。

A(a)商品回転率 (b)17.23回
(c)
問題点は、在庫増加による資産効率の悪化で
ある。原因は、@社長指示による品揃えの不
備、A店舗での仕入業務の不備があるため。

B(a)売上高営業利益率 (b)-0.21%
(c)
問題点は、売上高減少による営業利益の赤字
である。原因は、@顧客層別の品揃えの不備、
A大手コンビニ進出で競争が激化したため。

第2問(配点20点)
(設問1)
(a)−2百万円
(b)0百万円
(c)1百万円

(設問2)
D社のキャッシュフローは悪い状況である。
理由は、営業活動によるキャッシュフローで
事業展開に必要な資金を得られていないため。

第3問(配点20点)
(設問1)
(a)@26.67% A33.65% B34.18%
(b)@-1.57% A11.11% B22.78%

(設問2)
共通固定費控除前の売上高貢献利益率と売上
高構成比率から店舗タイプ別の採算性状況の
点に着目して結論を出すべきである。

第4問(配点15点)
ロードサイド店舗を2店舗、住宅街店舗を1
店舗増加させることが、毎年のキャッシュフ
ローが18百万円と一番多く、最適である。

第5問(配点15点)
(設問1)
時間帯別、曜日別、月別等の過去の仕入情報
や販売状況、在庫状況等のデータを活用し、
仕入業務の効率化と在庫水準の適正化を図る。

顧客層別の売れ筋、死に筋等の販売情報や商
品毎の売上状況等のデータを活用し、各店舗
に適した品揃えを行い、売上の向上を図る。



posted by 赤城颪 at 01:28| 群馬 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | H18再現答案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

再現答案(事例3)

赤城颪の再現答案、第3弾!!

昨年自滅した最大の要因の事例3でしたので
お昼休みはカロリーメイトとキットカットで栄養補給した後、
音楽を聴きながら20分程度、目をつぶって仮眠をとり、
事例1と2で疲れた頭の疲労回復に努めました!

そして赤城颪にとって合否を分けるであろう最大の鬼門である
事例3に臨みました。。。

【本番中に目標としたこと】
とにかく50点を積み上げることを最大の目標に
取りくみましたが、
字数がまったくの予想外の540字と相当少なく、
第2問、第3問は配点25点ずつと強烈な設問があったので
全体的にバランスよく取りに行かないと思い、

読む→考える の時間を赤城颪の最大キャパシティの45分間まで
とって、いつもよりさらに詳細な解答骨子を作りました。

空欄を作ってくる人は皆無に近いと判断し、
とにかく同じ内容でも書き方やキーワードの利用、
複数要素の盛り込み、複眼的や多面的な視点のアピールして
1点でも多く、取りにいくぞーと強く意識していました。

丁寧な記述を心掛けた分、自分の思った以上に書く時間がかかって
しまい、残り15分で第2問と第5問の計240字がまだ空欄でしたが、
解答骨子ができていたのでそれぞれ6分ずつで丁寧に書き上げ、

残り3分で誤字脱字と読みずらい字のチェックを行い、
誤字を1つ発見し、直して終了となりました。


【再現答案3】

第1問(配点10点)
高い表面処理技術や低コスト・短納期対応の
生産体制を有するため。

得意先の幅を広げ、量的確保以外に高い生産、
収益性を維持したため。

第2問(配点25点)
今後の経営にプラスとマイナスの影響を及ぼ
すことになる。具体的には、@国内自動車産
業が好調なY社からの注文増加により売上の
向上が図れる、A改善を図ったY社への依存
度が上がり、生産性、収益性に優れた生産体
制の再構築が必要になってしまう、等である。

第3問(配点25点)
工場の生産体制を強化すべきである。具体的
には、地方工場を主力工場とし、装置や人員
配置を見直す。理由は、@地方工場は24時間
操業が可能なため、A実際の納期は3日以上
が9割もあるため、B小口納品の増加や生産
平準化等への対応力が上がるため、等である。

第4問(配点20点)
技術開発体制を強化し、被膜の強度面、発色
の安定面、コスト面等の課題解決を図ってい
くことをアドバイスする。具体的には、@技
術開発部を新設し、専任化や増員等で社内体
制を強化し、A公設試験研究機関以外にも大
学や他企業との戦略的連携体制の構築を図る。

第5問(配点20点)
重要なデータ項目は、@受注:部品メーカー
からの生産内示情報、生産計画、受注書と受
注残状況、A生産:本社、地方工場の生産余
力状況や進捗状況、B納品:注文品の納期情
報、搬送時間、搬送コスト等である。これら
を工場間で一元管理していくべきである。

posted by 赤城颪 at 03:32| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | H18再現答案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LECセミナー

こんばんわ、赤城颪です!

今日(実質的には昨日)は、午後から
LECの解答解説セミナーに行ってきました!!

午前中のマンパは家の都合で断念しました。

さて、その内容ですが、
各4事例を担当講師の方が実際に80分で解いた解答を
基に、その思考プロセスと解答の意図を説明されていました。

講師の方が自分の生解答を披露するのは受験生以上に
大変なことだと思いますので、その勇気と企画の内容に
拍手です!!パチパチ!!

セミナーの内容も合格答案を書くにはどういった視点や注意点
が必要かという部分を強調されていたので(特に事例3の先生)
非常に良かったです。

もちろん、ひとつひとつの解答の中には
正直、与件からそれ飛びすぎだろーみたいな内容やもっと他の要素も
盛り込んだ方がリスクヘッジになりそうなものもありましたが、
そういった分も含めて、合格者答案(先生達は過去の合格者)
とはどういったものかを赤裸々に出したことがすごいと思います。

また、終了後も4名の講師の方が前に立って、受験生の質問に
一生懸命答えていました。
その姿勢とLECの診断士受験にかける意欲に感動しました!!
またまた拍手です!!パチパチ!!

ちなみに質問の口火を切ったのは、
すいません、実は隠れブロガーの赤城颪でした。。。

でも、こちらが期待していた以上の情報で答えてもらい、
自分の手ごたえや出来をある程度、客観的に評価することができました。

ちょっとLECを誉めすぎかな。。。

でも、大手なのに診断士HPのコンテンツ充実度は
少人数制とネット重視のAASと双璧をなすレベルだしなー

特に「再現答案添削(2000円)」は、確か去年もやっていて
自滅した赤城颪は再現答案をまともには作っていなかったので
利用しなかったけど、今年はすでに水曜朝には再現答案が完成していた
ので(手書き&ワード)思い切って
土曜の朝にメール送信しちゃいました。。。

発表の前の週に添削結果が郵送で送られてくるみたいですが、
いやー、こわいなー、でももう送っちゃったしなー。。。

12/8の発表まで
きっと色んなことを考えてしまうと思いますが、

とにかく
来週から4事例の深堀学習(与件写経、ベスト答案作成、各解説研究等)
を家族サービスをメインに置きながらも少しづつやっていこうと
強く強く思いました。

行けー!赤城颪!!
今年こそ、診断士の扉を開けて、もっともっと自分を磨いていくぞー!!

posted by 赤城颪 at 02:48| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

再現答案(事例2)

こんばんわ、赤城颪です!

ぼちぼち各学校の解答解説会が始まっていますねー

赤城颪も明日(実質は今日)は、
午前中はマンパ、午後はLECに行ってみようかと
考えてまーす!
後は、来週の日曜日にAASに行く予定です。
TACは、Mコーチの講義禄を今日見て、内容は掴めたので
それでOKとしました。

ズバリ!赤城颪が解答解説会に行くのは、
自分の答案の出来を確認しに行くのではありません!!

あくまでも
口述試験対策として
事例の深堀学習をするためです。

もう賽は投げてしまったので、あ〜書けば良かったとか
あの計算間違えたとか、一人で悩んでも合否は変わらない
ですからね!!(半分以上、自分に言い聞かせています)

とにかく前に進むしかないのです!!

この苦しみの向こうに大きな光が待っているはずですから。。。

前置きが長くなりましたが、
では再現答案の第二弾、テニススクール事例を公表します!!

【本番中に取り組んだ目標】

マーケ事例は、とにかく「分析力」を出題者は求めているので
しっかり与件を読み込んで、分析結果を素直に解答に置いて
あげることを目標としていました。
マーケ事例は読みやすく、身近な企業なので逆に
勝手に妄想して、暴走、爆走、敗走にならないことを特に注意
していました。

短文形式のパターンは、TACの演習や模試で体験済みだったので
まったく動揺はありませんでしたが、
重要キーワードをはずずと×になる可能性もあるので
3つ系や4つ系は、候補を与件からできる限り引っこ抜いて、
取捨選択や複合の判断を慎重におこなうようにしました。

後は、マーケの出題者の先生は
とにかく「ターゲット(顧客)」「顧客との関係性(絆)」「差別化(個性)」
等を聞いてくるので、その点は特に意識していました。

【再現答案2】

第1問(配点20点)
大手の屋外とは違い、全事業所に3面の屋内
コートを有すること。

優秀なインストラクターが多様な少人数クラ
スで指導していること。

各事業所の独自イベント実施により受講生と
の絆を深めていること。

入会金が安く、受講料の月払いや道具の無料
レンタル制があること。

第2問(配点15点)
方法として、@空き時間での会員限定のレン
タルコートの提供、A転勤等での転校制度や
振替受講制度の完備、等を採用している。

第3問(配点30点)
(a)
受験難関校に通う大学生をアルバイトとして
多数採用していること。

全事業所にインターネットを楽しむリラック
スルームを有すること。

全事業所に小中学生が宿題や勉強ができる自
習室を有すること。

(b)
ホームページや会員向けブログ等の情報活用
ノウハウを有すること。

各レベルに合わせた対応ができる指導・運営
ノウハウを有すること。

受講生の小中学生や親との一体感や深い絆を
構築していること。

第4問(配点15点)
少人数クラスでの優秀な大学生によるマンツ
ーマン指導の実施。

様々なレベルや能力、ニーズ等に合わせた多
様なクラス編成の実施。

親の転勤時の別事業所への転校制度や欠席時
の振替受講制度の完備。

第5問(配点20点)
新規事業として、託児所事業が考えられる。
具体的には、@全事業所に完備している会員
限定の幼児一時預かり用の託児ルームを一般
に開放し、A母親との深い信頼関係を築き、
テニススクールや学習塾との相乗効果を図る。


posted by 赤城颪 at 01:42| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | H18再現答案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

再現答案(事例1)

おはようございます!

早朝事例学習の習慣から抜け出せず、
まだ4時には目が覚めてしまう(泣)、
隠れブロガ−の赤城颪です。

22日の試験前に投稿して以来、約1週間ぶりのブログです。

再現答案は23〜26日の早朝学習で作成&パソコン入力済みです
ので、他のブロガ−の皆様の再現答案を積極的あげる姿を
見習って、今日から毎日1事例ずつ赤城颪も公表して
いきまーす!!

ちなみに赤城颪は、
40〜45分間で
読む→考える→解答骨子メモ作成(主述、文章構成、キーワード)
を行うスタイルを取っておりますので
再現率は、内容はほぼ100%、表現は90%ぐらいだと思います。

では、早速事例Tからいきますね。

【本番での事例Tの取り組み目標】

足きりに合わないように
比較的取れそうな第1、4問で複数論点を盛り込み点数を稼ぎ、
第3問は与件と設問と1次知識を使いながら
一般論ぽく見せない工夫と設問1と2の一貫性で勝負し、
第2問は部分点ねらいと割り切って多面的思考で妥当性で
勝負する。
 ↓
なんとか50点に積み上げる

【事例T再現答案】

第1問(配点30点)
(a)
強みは、@親会社の事業拡大とともに業績を
順調に伸ばし、事業基盤を確立できる点、A
親会社の信用等により他メーカーへの取引拡
大が図りやすい点、B親会社からの転籍者の
優れたノウハウ等を活用できる点、等である。

(b)
弱みは、@社長は親会社の転籍者だけなので
プロパー社員のモラール向上が難しい点、A
大規模投資案件等の重要事項は親会社からの
制限を受ける点、B業績に関係なく、親会社
の水準に近い給与設定が必要な点、等である。

第2問(配点30点)
(設問1)
海外営業拠点を輸出入事業の重要拠点として
発展的に活用していく。具体的には、@成長
著しい中国や東南アジア地域の営業体制を強
化・拡大し、輸出額の増加を図る、A廉価品
の輸入体制を構築し、輸入額の増加を図る。

(設問2)
A社は、多角的な独自のビジネスモデルを構
築していく事業展開を模索することができる。
具体的には、@親会社の動向への対応で取引
関係を維持しつつ、A海外取引の拡大やコー
ディネート等の新事業展開の強化を図る。

第3問
(設問1)
デメリットは、@各事業展開毎の売上や利益
責任が曖昧になりやすいこと、A短期的な視
点になりやすく、経営ビジョンの達成が困難
になること、B部門間の調整が必要になり、
意思決定が遅くなってしまうこと、等である。

(設問2)
今後は、急速な環境変化に対応できる組織を
構築していくことが望ましい。具体的には、
事業構造に適合した事業部制を導入し、新規
等事業毎の利益責任の明確化や意思決定の迅
速化を図り、継続的な成長を実現していく。

第4問
デメリットは、@契約社員や派遣社員の有効
活用に支障がでること、A通年採用の30歳代
中堅社員の有効活用や管理人材への育成に支
障がでること、B再雇用者のモラール向上や
健康管理の対策が必要になること、等である。

posted by 赤城颪 at 06:11| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | H18再現答案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

2次試験を楽しもう!

おはようございまーす!!
赤城颪の試験前最後のブログです!

いよいよ明日は2次試験ですね。

2年目の昨年、
年間250事例以上をやるなど相当量の勉強を行い、
学校の成績や模試の結果もよく、
周りから「合格の本命視」にされながら、結果を出すこと
ができす、一度は診断士の道をあきらめようと思いました。

そんなどん底の状態から
あきらめずにがんばっている学習仲間、
先に合格した学習仲間である先輩診断士達、
直接の面識はないですが常に前向きな502教室のブロガーの皆様、
そして妻のきびしくもあたたかいサポート

色んな方からパワーをもらって
なんとかここまで戻ってくることができました。
ありがとうございます!!

一度、どん底を味わったせいか、
今年は恐ろしいぐらいリラックスしています。

そして、明日もこのままリラックスして2次試験に臨みます。

今年の目標はただひとつ、

「自分のやってきた方法で各事例50点を積み上げていく!」
そして、確実に合格の切符を手に入れる!!

3度目の2次試験、
今年はここまでがんばってこれた自分に自信を持って、

「楽しんで受けてきます!!」

では、明日はお互い「心に余裕を持って」がんばりましょう!!

posted by 赤城颪 at 06:01| 群馬 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

プレ本番体験デー

おはようございまーす!!

いよいよ本番1週間前ですね。

今日は、昨日の「財務事例解きまくりデー」に続き、

「プレ本番体験デー」を行います!

9時にお茶の水の明大に到着できるように

これから準備をして7時半に家をでます。

寝不足気味ですが、本番の疲労度合いを考慮すれば

ちょうどいい感じで最後の財務事例に取り組めそうです。

よーし、がんばるぞー!!


posted by 赤城颪 at 06:19| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

2次受験票をGET!

2次受験票をGETしました。。。

不在者通知が入っていたので
帰宅後、疲れた体を休める前に地元の本局まで
車をとばし、GETしてきました!!

今年は、締め切り前の9/15(大安)に申し込んだので
過去3年で一番大きな番号でした。

1次同様前半部分は、受験年度と会場番号で
真ん中が各受験番号になっていて、赤城颪は「021××」でした。

受験票を手にすると
いよいよ本番が近づいてきたなとあらためて実感しますね!

さあ、最後の土日週末は、気合いを入れてがんばるぞー!!
予定は、
土曜日 「財務解きまくりデー」
    過去問財務事例(H14〜17 80分×4)
    演習・模試個別問題総演習

日曜日 「プレ本番体験デー」
    本番当日と同じ時間帯での新作4事例演習
    
    7時半家出発→朝9時明大リバティタワー着(試験モード高揚)
    →TAC自習室へ移動→4事例演習(10〜17時)→湯島天神お参り
    →帰宅

今年のテーマは
「平常心で50点を積み上げる!」

日曜日はそのことを強く意識して本番に向けた疑似体験を行いまーす!

では、受験生の皆様、いい週末を送りましょう!!


posted by 赤城颪 at 04:14| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

AAS合格アシストゼミ

3連休の初日の昨日は、
AASの「合格アシストゼミ」を受講してきました。

赤城颪は2年目の昨年はAAS本科を受講していたので
約1年ぶりのAASでした。

1講座5名限定の少人数ゼミなので講師と受験生の距離が
近く(ないに等しい)、非常に充実した1日を送ることが
できました。

昨日の講座は、H17事例Tを徹底的に深堀する内容で
代表であるI先生が担当されており、
当初予定の10〜17時を20時半まで延長して、とことん
やってくれました。

正直、18時半を回って、「じゃあ、最後にもう一回、
H17事例Tを60〜80分で解いて!」と言われた時は

「えっー、まじですか?」
と一瞬思いましたけど、そこまでやってくれる熱い思いに
やる気モード全開で取り組みました。

直前期の貴重な休みの1日でしたが、
受講して良かったと心から思えるほど充実した内容でした。

今日も引き続きAASに行き、S講師のゼミ「合格する事例V」を
受講してきます。
posted by 赤城颪 at 06:29| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

TAC模試、きりり。。。

模試返却第3段、
最後は今年ホームのTACです。

結果は1次模試と同じですれすれですが、
ランキング入りでした。

まあ、すでに1ヶ月も前の結果ですから、
結果はどうでもよく、来週もう一回、模試解き直しを
行って、1ヶ月前から進歩した所の確認と、変わらず
ミスってる所の原因分析と具体的な対策の検討を行い、

「解答プロセスの品質向上と安定化」を目指します。

後21日、入れ込みすぎて自分を見失わないように
セーブしながら、最終仕上げを行っていきまーす!!

TAC模試結果
事例T 56(234/2025 11.6%)
事例U 49(501/2025 24.7%)
事例V 55(242/2026 11.9%)
事例W 67(138/2019  6.8%)

合計  227(95/2030  4.7%)
posted by 赤城颪 at 02:38| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。