2006年01月25日

木を見て森を見ず

「木を見て森を見ず」

注意していたつもりでしたが、
昨年の本試験(2次)、与件重視を意識するあまり、
細かいことにとらわれすぎて、全体像がまったく見えて
いませんでした。

最近、
自分の再現答案や問題用紙へのメモ書きを見るたびに
そう思うようになりました。

今年は
与件の読み方を
マクロ(速読)→ミクロ(詳細)にして、
最初のマクロ読みの時は、あまり線を引かないように
してみようと思います。

まずは
今週末の2次ショートケースから
試してみます。


posted by 赤城颪 at 21:10| Comment(1) | TrackBack(1) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同日に同テーマのエントリという理由で
トラックバックさせていただきました。
 
モルツはいつも赤城山水系を選んでます。
 
よろしくお願いします。

 
Posted by たけうち at 2006年01月26日 09:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

与件との距離
Excerpt: ジャミラ・パヤシさんにインスパイアされたので書きます。     事例は取り組む回数を増やせば増やすほど、奥が深いことに大抵のヒトが気づきます。     そして、いつの間にかアラサガシをするような勢い..
Weblog: Bravado
Tracked: 2006-01-26 09:23

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。