2006年07月12日

間違い選択肢

この前の日曜日にTACで1次総まとめ講義を
受けてきましたが、そこでMコーチから
「過去問の間違い選択肢の特徴を捉えるのもよい」との
お話を聞きました。

なるほど
科目によって間違い選択肢の作り方に特徴がありますね。

今週は経営情報を解きましたが、この科目は
@設問と無関係な用語や内容が書いてある
A用語と説明が一致していない(他の選択肢との入れ違い)
B用語組合せは全て分からなくても解答が絞りこめる

などの特徴がありました。

過去問も違った視点で見ると新たな発見があるものですね。



posted by 赤城颪 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。