2006年12月10日

コメントありがとうございます!

赤城颪のブログを見てくださっていた皆様、
さらに丁寧なコメントまでしてくださった
3名の診断士を目指す同志の方、
 
私のブログに興味を持っていただき、
本当にありがとうございます!!
 
赤城颪は
今年は合否は別にして502教室には個人的に
本当にお世話になっていたので、23日のオフ会には
参加させていただこうとネットプラス様からの案内を見て
わりかし早めに申込みをしておりました。
 
今回が初めての参加になりますが、
3年も診断士受験をやってきましたので
知り合いの方や見かけたことのある方も多少はいるのかなと
思っております。
それでも大部分の皆様とはお会いするのが初めてだと思いますが、
一人でも多くの同志の皆様とお話できればいいなと思っております。
よろしくお願いします!!
 
ではタイトルの内容に入っていきますね。
9日の私のメールにコメントをいただいた3名の同志の方に
個別に返答をさせていただきます。
 
上州(高崎)に住んでいるashikenさんへ
 
同郷の方で診断士を同時期に目指している方がいらして、
なおかつ自分のブログを見ていただいたとは・・・
 
赤城颪の実家は伊勢崎です。
「赤城おろしに送られて・・・」は私の母校の校歌の歌い始めなんです。
赤城山のふもとに学校がありますので・・・
 
来年の合格を目指されるとのことですので
微力ながら応援させていただきます!!
 
発表からまだ間もないですが、
リフレッシュを図りつつ、気持ちを新たに早めにリスタートをしてくださいね。
 
 
iwatosanへ
 
はじめまして。
一番辛い時期にわざわざコメントを送っていただき、
本当にありがとうございます。
 
赤城颪も昨年の今頃は、ちっぽけではありますが
自分のプライドや自信がガラガラと音を立てて崩されている状態で
どん底の境地を味わっていました。
 
それでもここで諦めたら絶対に後で後悔すると思い直して
どん底からの再挑戦を決意し、途中何度もくじけそうになりながら
ここまでやってこれました。
 
iwatosanの今までの過程や状況がわからない状態で
気安くアドバイスなどはおこがましくてできませんが、
 
もし3度目の挑戦をされると決心をされた場合は
微力ではありますが
応援させていただきたいと思います。
 
 
kitakenさんへ
 
ご丁寧なコメント、ありがとうございます。
そして3度目の挑戦での筆記合格、おめでとうございます!!
 
赤城颪はS47年生まれですので間違いなく34歳です。
kitakenさんとは同級生ですかね?
 
kitakenさんも涙が止まらなかったとのことでしたが、
 
赤城颪は診断協会の掲示板で自分の番号を見たときは
喜びの方が一杯で思わずガッツポーズをしてしまい、
どっかの学校関係者と思われる女性の方に
「おめでとうございます♪」と声をかけられるほど舞い上がっていました。
 
その後、色々お世話になった方に連絡をしたのですが、
まず最初に電話したのが自分の身近で一番サポートしてくれた妻にでした。
電話をかけようとした頃から急に胸があつくなってきて
妻に合格を伝えた時には、自分でもびっくりしましたが
涙がボロボロ流れてきてしまいました。。。
赤城颪のいつもと違う状況が電話越しの妻にもすぐに伝わったらしく、
妻ももらい泣きし、心から喜んでくれました。
 
きっと同じようなことはkitakenさんや赤城颪以外にも
たくさんあるのでしょうね。。。
苦労なくして合格できるほど甘い資格じゃないですから・・・
 
年が同じで、境遇、合格までの道のりまで似ているっていうのも
何かのご縁でしょうから、これを機会にお互いに同期診断士として
切磋琢磨していければ素敵ですね。
 
まずは来週の口述をお互いにがんばりましょうね。
 
 
 
 
 
今日は午前中は大原の口述面談、午後はAASの口述ゼミに行ってきます!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 赤城颪 at 02:59| 群馬 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年2次敗退した(2回目)horiといいます。

合格本当におめでとうございます。
口述試験もバッチリ決めてくださいNE。
そして、診断士としてのご活躍をお祈りしてい
ます。

S47生まれ+ツマが伊勢崎出身という繋がり
(無理矢理ですが)で、コメントしました。

来年合格目指して再始動を模索しているところです。
Posted by hori at 2006年12月10日 07:24
こんばんは、S47生まれのkitakenです。

またまた赤城颪さんとの共通点を見つけました。
合格の知らせの電話口で、ボロボロ泣いている私の声を聞いて、私の妻も、もらい泣きしていたことです(笑)。

私の手元にも本日ようやく「口述試験受験票」が届き、「ホントに受かっていたんだ」という安堵感と、「しっかり口述対策をやらなければ」という気の引き締まる思いが高まってきました。
26日の口述合格発表までの日々を安心して過ごせるよう、頑張りましょう。

horiさんを含めて診断士のS47年会なんて活動できたらおもしろそうですね。
(私は早生まれですので、学年は1つ赤城颪さんより上のようですね。)

今後もちょくちょく顔を出させていただきます。
よろしくお願いいたします。


Posted by kitaken at 2006年12月11日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。